プロジェクトの背景

コモンズ財団による、
パラグアイの自然から得た安い電気を用いる世界最大の
仮想通貨マイニングセンターおよ
びグローバル仮想通貨取引所のプロジェクト
代表的な仮想通貨であるビットコイン(BTC)のマイニングと取引所の運用には世界の電気量の0.5%が消耗されていて、 マイニングの難易度が持続的に上昇することにより世界的に電気の消耗率もまた上がっていく一方、利益率は落ちていく傾向が見られています。
(2018年5月、国際学術誌「ジュール(Joule)」)
project_intro_diagram

114ヶ国の国別1ビットコインの採掘に当たる消耗電力の費用

국가의 국가별 1 비트코인 채굴 전력 비용
電力費用 比較 純利益
ゴールデングース
(パラグアイ)
$ 1,119 - $ 7,448
パラグアイ $ 3,140 2.81倍 $ 5,427
中国 $ 3,172 2.83 $ 5,395
アメリカ $ 4,758 4.25 $ 3,809
平均 $ 7,275 6.50 $ 1,292
韓国 $ 26,170 23.39 - $ 17,603
出典:Elite Fixturesの調査 (2018年5月)、BTC = $ 8,567
ゴールデングースの電力費用:0.025 $/kWh、2019年2月 BTC Difficulty基準

ソリューション

安い電気を用いることで
マイニングセンターの収益率を上げ、
取引所を安定的に運営することで 収益率を極大化
水力発電所の中でも世界1位の生産量を誇るイタイプ水力発電所から作られた安い電気を用いて、 使用人口世界2位のスペイン語(4億人)と南米地域を攻略するグローバル取引所の運営で収益率を極大化します。
仮想通貨マイニングセンター
SOCCER STADIUM x 25
200,000m2
SOCCER STADIUM 1.5 x 5
マイニングセンターの
敷地の確保
ビットフューリーの大型
マシンの設置に最適である、
平地中心のマイニング
センターの敷地
200,000m²(パラグアイの
サッカースタジアム25個分)
を確保
エコエネルギー
の安定的確保
イタイプ水力発電所から
生産された安くて豊富な
エコエネルギーを使用
安定的な
投資環境
安定的で開放的な投資
環境とインセンティブを
持つパラグアイ
ゴールデングースチームは、2018年11月6日に締結された契約により、パラグアイ内の世界最大規模のマイニングセンターおよびグローバル取引所の事業を押し進みます。
パラグアイのイタイプ水力発電所の世界最大の生産量を基とする安くて天然の電気と、マイニングセンターと変電所のための250,000m²の敷地、kWh当たり$ 0.025 (2.5 cent)の安い電気、その他関連インフラなどを確保することでプロジェクトを成功に導きます。

2019年1月、ビットフューリー(Bitfury)社と締結したパートナーシップを通して500MW級の変電所が完成される前にBitfury BlockBox AC(BBAC)のマシンを臨時マイニングセンターに30台、変電所の完成後にゴールデングース・マイニングセンターに300台を購入・設置して稼働する予定です。

ゴールデングース・マイニングセンターから採掘された仮想通貨の売上の50%は、貢献報酬(Contribution Reward)としてゴールデングースのトークン(GOLD)をステーキングした参加者たちに一日保有持分率によってBTC(Bitcoin)またはMBC(MicroBitcoin)の中で参加者が選択した仮想通貨で毎日支給されます。
ADD
仮想通貨取引所
암호화폐 거래소
ゴールデングース・グローバル取引所は世界TOP 10規模の取引所との協業を準備していて、2019年下半期にオープンを目指しています。 ゴールデングースの取引所は、スペイン語圏と南米地域を攻略し、ビットフューリーのCrystalを適用することで最高のセキュリティとスピードを備えたグローバル取引所を目指します。

ゴールデングース・グローバル取引所から発生された手数料の売上の70%は、貢献報酬(Contribution Reward)としてゴールデングースのトークン(GOLD)をステーキングした参加者たちに一日保有持分率によってMBC(MicroBitcoin)で毎日支給されます。