プロジェクトの特徴

GOLDの保有者が 「貢献報酬
(Contribution Reward)」 を貰えるようになる仕組みのトークン
GOLDトークンはデジタル資産である仮想通貨で、GOLDトークンの保有者がトークンをステーキング(Staking)すると、一日保有持分率により毎日「貢献報酬(Contribution Reward)」が支給される仕組みのトークンです。

公開的に運営されるパラグアイの仮想通貨マイニングセンターから得た売上の50%と、グローバル取引所から発生された仮想通貨の取引手数料の売上の70%を、GOLDトークンをステーキング(Staking)することで一日保有持分率によってビットコイン(BTC)またはマイクロビットコイン(MBC)の中で参加者が選択した仮想通貨で貢献報酬を貰うようになります。

貢献報酬(Contribution Reward)は、仮想通貨の特性を考えて変動性を抑えるためにステーキングした人に毎日支給されます。

プロジェクトの構造図

project_feature_diagram

プロジェクトの参加者

  • 本財団が提示する仮想通貨でゴールデングースプロジェクトに参加し、それに相応するGOLDトークンを取得します。
  • プロジェクトの参加者は本ゴールデングースプロジェクトに参加する個人、団体、法人、機関などすべてを含みます。
  • 参加者がGOLDトークンをステーキングしている場合、ゴールデングース・マイニングセンターの売上の50%とグローバル取引所の売上の70%を一日保有持分率によってビットコイン(BTC)またはマイクロビットコイン(MBC)の中で参加者が選択した仮想通貨で取得できます。

コモンズ財団(Commons Foundation)

  • コモンズ財団はシンガポール所在の非営利財団で、マイクロビットコインのオープンソースプロジェクトに寄与し、ゴールデングースプロジェクトなど様々なプロジェクトを進めています。
  • コモンズ財団は、仮想通貨エコシステムに関する豊富な経験とノーハウ、パラグアイの利害関係者との協力の通してパラグアイ内に世界最大規模の仮想通貨マイニングセンターの設立およびグローバル仮想通貨取引所のオープンを推し進めています。
  • コモンズ財団には、影響力のある名望家のアドバイザーたちと経験豊富なパートナーたちが共に活動しています。 (財団のホームページ https://commons.foundation/page/family 参照)